ALC ビル 塗替え エレクトロレトロレトリック 工場 忍者ブログ
[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
アバウト
ひっそりと再利用しています。

管理人は古月さんです。

 * * *

エレクトロレトロレトリック
http://luv4u.blog.shinobi.jp/



※ リンクフリー
リンク

MASTER | WRITE
忍者ブログ | [PR]
Title : [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Title : 工場
 完全が何を意味するかは知る由も無いが、完全な自動車が完成したらしい。
 作業場には沢山の工員が居て、薄緑色に塗られた無骨な箱を取り囲んでいる。
 工場の梁の上には観覧席が有り、其処には背広姿のお偉方が髭を蓄えて座っていたが、皆一様に眉を顰め、如何やら一人として此の偉大な発明を喜ぶものは居ないらしかった。
 完全なものは在ってはならない。誰かが言葉を発するや否や照明が次々に落とされ、工場の彼方此方で怒号が上がった。薄暗がりの中で工員達が此方を見上げ、頻りに何か叫んでいる。仄明かりの下で壁に背を預けた工場長はがっくりと項垂れ、細君はおろおろと右往左往するばかりだった。
 身の丈に合わぬ理想は身を滅ぼすと言ったのは心だった。然るべき時に、然るべき場所で、然るべき人間に依って、完全は完全足りうるのだろう。其の時まで工場は閉鎖され、完全な自動車は隠されるのだ。
 暗闇の中には和気藹々とした日々が確かに在った筈なのに、優しかった人達の日常はもう、過去にも未来にも存在しない。
PR
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT  
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS   
TRACK BACK
この記事にトラックバックする
TRACK BACK LIST