ALC ビル 塗替え エレクトロレトロレトリック むじな 忍者ブログ
[171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161
アバウト
ひっそりと再利用しています。

管理人は古月さんです。

 * * *

エレクトロレトロレトリック
http://luv4u.blog.shinobi.jp/



※ リンクフリー
リンク

MASTER | WRITE
忍者ブログ | [PR]
Title : [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Title : むじな
 門前町の蕎麦屋に入ると、皆なが皆な、むじな蕎麦なるものを注文している。壁の品書きに無い蕎麦だ。私も興味を引かれ、むじなにするかと思い女将にむじな一つと告げると、何とも形容し難い変な顔をされた。其れから半刻、蕎麦は来る気配も無い。
 失礼な店も有るものだと咳払いをしてみたり、女将の方を見てみたりするが、女将は逆に私を不思議そうに見るばかりで、何ひとつとして話は進まない。
 後から遣って来る客の内にも、むじなを頼むものが居る。
 むじな、熱燗。むじな、麦酒。むじな、冷。
 下戸はふと思う。皆な一様に酒を頼んでいるのは理由が有るのではなかろうか。とは言え私はと言えば生来の小心が災いして黙りを決め込み、じっと我慢比べの体で睨み合い、理由は分からず終いである。私の前に蕎麦は来ることはなく、敢え無く看板となった。
 後日聞いた話に拠れば、此れは何とも笑える話だということで、皮肉にも程が有るのだが、所謂所の場の習い、むじなは店主の気遣いに因るものだと言えば、真相を知った私は怒る気にもならなかった。別に常連だけに出る蕎麦という訳ではない。全ては知らぬのに真似た私が悪いのである。
 むじなとは何であるのか、説明するのも野暮と言うものだ。
 お気付きの方だけ笑って下されば其れで宜しい。
PR
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT  
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS   
TRACK BACK
この記事にトラックバックする
TRACK BACK LIST